ローン手数料は必要ない

カードローンの場合、金利は不動産担保ローンよりも少し高くなってしまうと思います。

ただし、カードローンは、鑑定料、登記料、契約料、印紙代・・など、不動産担保ローンに必要な数々の手数料がほとんど必要ありません。

多少利息が高くついても、この分を差し引けば、どちらが特になるか、計算してみなければわからなくなります。

収入が多く、カードローンで500万円の枠を取ることが出来れば、金利も5%台など、かなり有利な条件で借りることが出来るので、不動産担保ローンにも負けない低金利でカードローンをつくれます。

ただ、収入や勤務先条件があまりよくない場合、カードローンでは高い金利になってしまうので、良い物件がある場合は不動産を担保にしたローンを利用する方がいいかもしれません。

不動産担保ローンは、たとえ評価額がさほどよくなく、借りられる額が低めでも、金利は抑え目にしてくれることが多いです。

しかし、手数料を考えると、カードローンにするメリットもまだまだ大きいです。

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方

おすすめビジネスローン
最大限度額500万円で、
月々の返済は3000円から可能!
楽天銀行 スーパーローン
  • ビジネスローン一覧
  • 銀行ローンの5つのメリット

総合ランキング

目的

設立年数別運転資金の融資

有担保・無担保で探す

融資の種類で探す

銀行の不動産担保ローン

不動産担保ローンの利用法

不動産担保ローンの特徴

カードローンの特徴とメリット

銀行でおまとめローン

ローン会社一覧

リンク集

注目の情報

みずほ銀行カードローン