つなぎ融資として

つなぎ融資は、本融資がおりるまでに間に合わない場合に、文字通りつなぎとして利用するもので、いろいろな場面で使われます。

住宅ローンを利用する際に、本融資がすぐおりないことを後で知り、あせる人がたくさんいます。

このような時、つなぎ融資として不動産担保ローンを利用することが出来ます。

不動産担保ローンはそれ自体の審査に時間がかかりやすいので、迅速性が求められるつなぎ融資として使いやすいわけではありませんが、住宅建設時のように、計画的に準備が出来る場合に、少し前もって別の不動産で担保ローンの審査を受けておき、住宅ローンのつなぎとして使うことは出来ます。

ですから、もちろんこの場合は、土地を持っていたり、他に別荘があることが条件です。

また、他人名義の物件でも融資が可能な場合も多いので、親兄弟の家を担保にさせてもらい、住宅ローンのつなぎ融資に利用することも可能でしょう。

住宅ローンは、融資の銀行側でつなぎの相談にのってくれる場合もありますが、前もって、自分でもつなぎの必要性を充分考えておく必要があります

目的で探すビジネスローン

  • おまとめローン
  • 銀行ローン
  • 即日ローン
  • 低金利
  • 総量規制対象外
  • 主婦
  • パート・アルバイト
  • 審査に不安な方

おすすめビジネスローン
最大限度額500万円で、
月々の返済は3000円から可能!
楽天銀行 スーパーローン
  • ビジネスローン一覧
  • 銀行ローンの5つのメリット

総合ランキング

目的

設立年数別運転資金の融資

有担保・無担保で探す

融資の種類で探す

銀行の不動産担保ローン

不動産担保ローンの利用法

不動産担保ローンの特徴

カードローンの特徴とメリット

銀行でおまとめローン

ローン会社一覧

リンク集

注目の情報

みずほ銀行カードローン